コンプレックス

コンプレックスなんて言葉はどこからくるのだろう。
くりくりの癖毛?
低い鼻?
低い身長?
細い一重の目?
短い足?
あげればキリがないくらいだけど どうしたら気にならなくなるんだろう。
人はどうやって乗り越えていくのかな コンプレックスのない人なんているのかな。
見られている視線がイタイときがある。どんな目で見られているんだろう。
見た目はイマイチだけど・・・中身はさほど悪くないのにな・・・。

どうしても変えられないじゃない?体のことなんて・・・。
コンプレックスを失くすことはできないけれど、少しでも軽くできる方法があれば教えてよ。
自分の何が悪いの?どうしてそんな目で見るの?何で素通りするの?ここにいるのに・・・

気にすれば気にするほど、自分に自信がなくなっちゃう。だけどね、それは個性でもあるんじゃないのかな?尖って細くて高い鼻、見栄えはいいのかもしれないけれど何処か冷たく感じてしまうよね。低い鼻だって愛嬌があっていいじゃない。意外とチャームポイントかもしれないよ?

低い身長だって高い棚のものは取れないけれど、人に取ってもらうのも得なことじゃない?だって、自分のしたいことを人がやってくれるって最高よ?見方によっては低いことが武器になって可愛いと思ってくれる人もいるかもしれないしね。

くりくりの癖毛だって、色んなヘアーにチャレンジできるじゃない?ブラシでとかせば「あら、不思議」こんなウェーブもできるのねなんてね。細い一重の目だってさ、今は便利なものがありますよ。即席で二重にできるスグレもの!夜になれば元通りになるのもご愛敬。

短い足は・・・ あ~これはどうにもならないね。残念だけど ブーツも足が短くて似合わないけど 膝めいっぱいまでのブーツも可愛らしくていいんじゃない?そうやってみんなコンプレックスを乗り越えてきてるんだよね。

コンプレックスが多すぎてネガティブな気持ちになることもあるけれど、考え方や見かたを変えてみるのもいいのかもしれないよね?だって、体は変えようがないんだしどうしても嫌なら整形って手もあるし。整形って本末転倒に聞こえるかもしれないけれど、悩んで辛すぎる気持ちをずっと持ち続けて、人と関われないくらいならそうゆう手もあるということ。

人は変われない。でも、自分は変われる。考え方や捉え方を変えるだけで少し軽くなるんじゃないのかな。どれも個性だと思えることができたなら少しは、コンプレックスが自分の中で軽くなったのかな・・・。

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP