BLOG

同じ悩みなんて
何一つないんだ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 人間関係の悩み
  4. 背中を押す

背中を押す

「孤独な人は背中を押してもらいたいと思っている。」ネットの中で見つけた言葉です。
何かをやろうと思い立っても誰かに相談することができず、それでも一人でなんとかやってみようと
行動しようと頑張ってはみるものの思うようには運ばず、やっぱり誰かに聞いてもらったほうがうまく
いくかもと思い相談しようとするけれど、気が付くと周りに相談する人がいない。

そうすると、何かをやる気もなくなりただ、無気力で毎日をあてもなく目的もなく何事もなく過ごしていくだけ。
誰とも話すこともなく毎日が過ぎていく。これって「孤独」ってことなのかな?
被災地でも「高齢者の孤独」が報じられているけど、どこの地域でもあり得ることだ。

誰かと繋がっていたい気持ちはあるんだけど、どうやって繋がれるのか分からない、きっかけがつかめない。
だからといって、いきなり話しかけてもうとまがれるだけ。そんな思いをするなら余計な気遣いを使わなくていいなら
1人でいるほうがまだましだ。

このまま「孤独な死」に向かっていくのだろうか?一人は気楽だけどずっと、誰とも話さずに自分の気持ちや
寂しさを受け止めてくれることもなく自分の人生に終止符を打つのだろうか。
「本当にこのままでいいの?」

自分に問いかけてみる。やっぱりこのままじゃいやだよね。誰でも誰かと繋がっていたい気持ちはあるんだからね。
でも、どうやって?そんなときは、「背中を押してみる」のもいいんじゃないのかな。
自分で勇気を出して背中を押してみるのもいい。それが最初の一歩になるのなら。

自分で背中を押せないときは、人に押してもらってもいいんだ。一人で抱え込まなくてもいい。
無理をする必要なんてどこにもないのだから。背中を人に押してもらったら今度は、自分が誰かに勇気をもらったように
他の誰かにも背中を押して勇気をもってもらおう。それが「繋がる」ってことだから。

背中を押すことや押してもらうことはとても大切なこと。誰かに助けてもらうことも勇気を与えられることも
全然、恥でもなんでもないんだよ。孤独に向かうくらいだったら誰かに少しだけ支えてもらってもいい。
きっと、背中を押してくれる人があなたのまわりにきっといるはず。

勇気を持てないときは、人に助けてもらえばいいんだ。それを分かってほしい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事