それぞれの立場

人にはそれぞれの立場があります。年齢を重ねた分だけ立場が変わってくるものでしょう。
仕事で幹部や上司ともなれば世間的にも信用が得られ周りから見る立場も変わってくるものですよね。
確かに、頑張った分だけ世の中に認められ会社の中でも立場が上になった。

だけど、あくまでも限定された場所での立場であって人間そのものが偉くなったわけでもありません。
勘違いされている人も多いのではないでしょうか。
自分の経験値から考える、進言する立場と人の立場になって考え行動するとでは大きな隔たりがありますよね。

大切なことは「その人の立場」を理解したうえで何かしらのことをしてあげることです。
お医者さんは典型的です。高度な専門知識を携えたうえで患者さんを治療していくもの。
診察をして患者に合う薬を出す。もしくは、治療をする。その仕事をする中で威張っている人も
多いのではないでしょうか。(私だけがそう思っているのかな?)

確かに、患者さんにとっては病気を治してくれる有難い治療です。でも、「なんで威張ってるの?」
威張る必要なんてどこにもないはず。それはお医者さんにとっては治療=仕事なわけだから
仕事する中で威張る必要性はありませんよね。

むしろ、患者さんの立場になって物事を理解し、治療してくれるほうがどんなにありがたいことか。
人の気持ちを「おもんばかる」ことは人と人が接するうえで一番大切なことです。
患者さんの気持ちに寄り添えないお医者さんと寄り添うお医者さん。

あなたならどちらを選びますか?言わなくてもすぐに分かりますよね。
少なからずともそれぞれの立場はどうしても出てきます。
だけど、その人の立場になって理解することがその人を知るという意味でも
自身の立場や考えを見直す意味でも一度、立ち止まることが必要なんです。

何かと人は優劣をつけたがるもの。人として成長するならば
そんな考えは邪魔でしかないですよね。

こんなことを書いているわたしも自分の考え方や捉え方を見直すチャンスなのかもしれません。
日々ふと、立ち止まることも大切ですよね~。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ コミュニティライフへ
にほんブログ村

関連記事一覧

PAGE TOP