自分の心の中の葛藤を解消する方法

人は何かに心を奪われ葛藤していることが多くあります。仕事でなくても「やめたいけどやめられない」弱い自分と葛藤していることもありますよね。誰でも経験することだと思います。そんな弱い自分とうまく折り合いをつけながら心の中の葛藤を解消していくことができるのでしょうか。

  • 弱い自分がいる
  • やめたいけどやめられない気持ちがある
  • 自分に自信が持てない

仕事などで失敗した経験があると「やっぱりうまくできないから無理なんだ」と諦めてしまうことや「やりたいのにできない」などと心の中で葛藤することは少なくありません。誰しもが弱い自分を持っています。その弱い自分と向き合わなければいつまでも心の中の葛藤が続くことになるのでしょう。そんな時は、自分に問いかけてみてください「本当にこのままでいいの?」と。そうすれば自ずとどうすれば良いのか答えが出てくるはずです。ここでは、心の中の葛藤を解消する方法を解説します。

 

目次

1.自分の中には二人の自分がいる
2.楽を選ぶ人の特徴とは
3.困難を選ぶ人
4.二人の自分とうまく付き合っていく方法
5.さいごに

 

自分の中には二人の自分がいる

自分の中には二人の自分がいます。それは誰にでも言えること。「弱い自分」「立ち向かう自分」もしくは、「楽を選ぶ自分」「困難を選ぶ自分」です。思い当たる節がありませんか。葛藤している時間は、何も行動しないので何も発展、成長はしません。変わらないということ。それでは、いつまでこのままの状態を続けるの?それは、あなた次第といえるのではないのでしょうか。自分の中には二人の相反する自分がいるということをここで、理解することが重要なカギとなります。

 

 

楽を選ぶ人の特徴とは

1.自分に自信がない
「何をやってもダメなんだ」と、過去の失敗をいつまでも引きずっている人のことです。失敗すれば次の行動を起こすにも少しばかりの勇気がいりますよね。でも、その勇気を持たなければいつまでたってもそこから抜け出ることはできないのです。ずっと、堂々巡りを心の中で葛藤するだけで終わってしまうのです。そこから抜け出すためにも弱い自分を打ち消し、考えや捉え方を変化させる必要があるのです。

2.自分で考えるクセが付いていない
何も考えずに行動するから同じミスを繰り返してしまう。考えるクセが付いていない人の行動パターンです。全く何も考えていないことはないと思いますが、何かをやる時には「どうすればできるのかな?」とか達成するためにどう物事を捉え、考えていくのかが大切になってきます。それが、仕事ならなおさらですよね。「考えない」という行動はクセになってしまいます。考えるのが面倒だ。に繋がるからです。「あのスーパーへ行くにはどこの道順で行けばいいのか?」とか日常の中でも考えるクセをつけておくと良いでしょう。

3.何でも考えずに無意識に聞いてしまう
何も考えていないから考える前に「分からない」、「それってどうすればいいの?」と考える前に無意識で聞いてしまうことが楽を選ぶ人にしばしば見られる言動や行動です。それは、思考や意識が薄いのです。どうやったら効率的に進めることができるのか?を考えるクセをつけておくことが重要ですね。「考えないクセ」があるように「考えるクセ」を自分の中で作ることをしてみましょう。

4.何故、うまくいかないのかを考えていない
仕事でミスをしたとき、「何故、うまくいかないのか?」という問いに対して「分からない」という答えしか出てこないのは何も考えていないからなのです。何故、ミスをしたのか?ミスを引き起こすプロセスを振り返りつつ何故、ミスに繋がったのか?を考えていない。それでは、何を反省していいのかさえも分かりませんよね。いつも「何故?」という問いかけを自分の心の中にしてみるといいかもしれません。

悩み相談・話し相手サービスは

こころのホットライン予約はこちら

 

困難を選ぶ人

自ら困難を選ぶ人は「本当にこのままでいいの?」と自分に問いかけができる人です。今のままじゃいけないと向上心がある人。成長を願う人。そう思える人でも「弱い自分」というのも持ち合わせています。ずっと、強い自分ではいられないしチャレンジする気分じゃないときも長い人生の中で幾度となく弱い自分が顔を出すときもあります。それでも、「今のままじゃダメなんだ」と思えたときにこそ、変われるのではないのでしょうか。

 

 

二人の自分とうまく付き合っていく方法

「楽を選ぶ自分」も「困難に立ち向かう自分」も同じ自分なのです。二人の自分が背中合わせに心の中に存在します。何かに立ち向かうとき、「失敗したらどうしよう」と躊躇してつい弱い自分が頭を擡げてしまうこともありますよね。今までとおりでいいやと楽な自分を選んでしまうことも決して悪いことではありません。すぐに勇気をもって立ち向かえる人はなかなか存在しないからです。弱い自分が出てきたらそんなときは自分に問いかけてみてください「本当に今のままでいいの?」問いかけることで「じゃぁどうすれば達成できるのか」など自分を客観的に捉えることができます。そうやって少しずつ、弱い自分を遠ざけ立ち向かう自分に切り替えうまく付き合っていく方法だと考えます。

 

 

さいごに

「弱い自分」を遠ざけ「立ち向かう自分」を引き出すためには時間がかかることです。ゆっくりと自分のペースで切り替えることが重要です。時間をかけることで客観的に弱い自分を見つめることができるし、どうすればいいのか?とすぐに問いかけやその答えが自ずと出てくるのです。心の中の葛藤はうまく二人の自分とどう付き合うかが重要なカギとなってくるのです。

悩み相談・話し相手サービスは

こころのホットライン予約は

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ コミュニティライフへ
にほんブログ村

関連記事一覧

PAGE TOP