あなたにとっての価値と尊厳とは?

あなたにとっての価値とは何ですか?人より優れているということですか?では、どんな風に何が優れているのでしょうか。それを推し量ることができるのでしょうか?どんな基準で優れている、価値がある人間だといえるのでしょう。それを本当に「価値がある」と言えるのでしょうか。人に価値を決める基準はないのだと思ってください。間違った価値観を見直すチャンスかもしれませんよ。

目次

1.あなたにとっての価値の意味は?
2.偽りの自尊心
3.さいごに

 

あなたにとっての価値の意味は?

あなたにとっての価値のとはどんなものでしょう。人と比べて違う点を見つけ自分のほうが「できる」などと、優位に立てると考えているとき。それが本当の意味での「あなたにとっての価値」なのでしょうか。人それぞれ、「価値観」は違う捉え方をしているものですよね。外見、人種、行動、成績、収入、性別・・・。これらは、人の価値の基準を決めるものではないということ。自分が人より優れている点があるからといって、自分に加点し勝手に優れていると勘違いしているだけのものだということ。「人の価値」は全て勘違いなのです。人の優劣を決める基準なんてものは存在しないし、優劣をつけること自体が哀れな人で自分に自信を持てない人の行動だと理解してください。

障害を持った人を見て、あなたは自分より劣っていると思いますか?何をもって劣っていると思うのでしょう。太っている人、痩せている人。どちらもその人の個性じゃないですか。太っている人は不健康だ。だらしがないなどという人がいるけれど、その体系が気に入っている、もしくはその体型が好きなのかもしれない。人によって「好き」にも違いがあるし、拘りもそれぞれ違うものなんです。見た目で判断するのはあまりにも愚かなこと。あなたはその人の何を理解しているのでしょうか?それが、逆なこともありませんか?あなたより、スレンダーで頭も良く綺麗な顔立ちの人を見て、あなたは自分が劣っていると思いますか?思いたくないでしょう?

人の価値は外見などで決めるものではないということを理解してほしいのです。

悩み相談・話し相手サービスは

こころのホットライン予約はこちら

 

偽りの自尊心

人と比較してあなたは優越感を感じることができます。これが「あなたの偽りの自尊心」なのです。自信がないがゆえに自分が、優位にたてる何かを見つける行為をしてしまうのが、弱い人間なのかもしれません。でも、それはあくまでも「偽り」でしかないのです。あなたは偽りのままでいいのですか?もっと、本当の意味で自分を高めることをしたほうが、あなたの精神的にも良いといえるのではないのでしょうか。

偽りの自尊心を持っている人は、自分に自信がない人や自身の欠点を受け入れない人です。プライドばかり高くて自分の欠点を認めない。理解しない。本当にそれでいいんですか?
誰かと比較しなくてもいいんです。自分らしくない背伸びもする必要なんてどこにもないんです。あなたらしく自然にいるのが一番良いのではないですか?無理をするといつか苦しくなってしまうし、自分を受け入れることさえも辛くなってしまいます。最初から自信のある人なんていないんです。ひとつひとつの積み重ねがやがて自信に繋がるのだから、考えや捉え方だけで自尊心を作り上げることはできませんよね。

少しずつ成長していけばいいんです。あなたらしくあるのが一番良いのですからね。

 

さいごに

人と比較して、無理に背伸びをすると後で辛い思いをします。あなたらしくで良いのだと信じてください。全ての人に個性があります。その個性にはその人の価値があります。その価値はそれぞれ違うから人と比べるものではありません。比べようがないのです。また、尊厳とはあなたが生まれ、最後のときを迎えるまで持ち続けることが尊厳なんだと思います。自分らしく、あなたなりに成長していけば良いのではないのでしょうか。

悩み相談・話し相手サービスは

こころのホットライン予約はこちら

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ コミュニティライフへ
にほんブログ村

関連記事一覧

PAGE TOP