人と自分の考え方の違いを知り、人に寄り添う気持ちをもつ

人との考え方の違いを知る

同じ環境で育つ兄弟や家族でも、性格も違えば考え方も違います。ましてや他人などは、似通った考え方の人がいても不思議ではありませんが、それぞれの考え方に違いはあるものということを知る必要があります。例えば、相手に料理を作る時、事前に準備をして相手が喜ぶだろうと考え、計画し料理を作ることは決してダメな考え方ではありません。しかし、体調がよくない時、相手が何を望んでいるのかを、相手の気持ちを聞いたうえで料理を作る場合もまた、間違いではありませんよね。

「何が正しいのか?」はないんです。人によって、様々な状況によって毎回同じではないということ。考え方も状況によって変化するものです。自分と人は決して同じ考えではないということを知ることが、人との関わり方で大切になってくるものです。

 

自分の考えを押し付ける

相手が喜ぶだろうと思い、料理を作ることは決して悪いことではありません。しかしながら、それを強要してはいけません。相手が喜ぶ姿を想像する。それは、自分だけの想像にすぎないからです。前回は、それで良くても相手の体調や気持ちで変わることもあるでしょう。人は気分屋なところがありますからね。毎回、同じ料理でいいわけがありませんから。また、自分が食べたいからといって、相手にそれを強要するのは自分の考えや思いを押し付けているにすぎません。

今回は、妥協して次は相手の好きなものとかなら、お互いが納得していれば良いのですが、人はしばしば自分の欲求を人に押し付ける場合があります。そんなときは、どうしたら良いのでしょうか?答えは簡単です。

相手に「私はこれが食べたいんだけど、あなたは何が食べたいの?」と聞くだけでいいんです。ね?簡単でしょ?何が言いたいかというと、自分の考えを相手に伝えてそこに、相手の意見もちゃんと聞くということ。自分だけで完結する場合は、自分の好みで食べることに専念すればいいんです。でも、相手がいるときは話が別ですよね?人との関わり方で大切なのは、自分がいるようにそこに相手もいるということ。

相手の気持ちを考えなければ、相手もあなたの気持ちを理解してくれないのかもしれません。お互い様という言葉があるように、お互いの気持ちや考えが大切なのだと思ってください。

 

人に寄り添う気持ち

「人に寄り添う」とは人の気持ちを汲み取る、共感するなど、「気持ちに寄り添う」という意味合いが多く使われます。これは、どんな場面でも大切になってきますね。自分の気持ちを理解してほしいのと同様、相手の気持ちを理解し、どうしてほしいのかを汲み取ることで、お互いの気持ちに始めて寄り添うことができるものです。誰だって、自分の気持ちに寄り添ってもらいたいと誰しもが思うはずですよね。それと同じように相手も寄り添って欲しいものなんですね。

人は自分の想いを口に出せる人と言い出せない人がいます。思うように言い出せない人、はっきりと口に出して相手に伝えることができる人。全く正反対の性格ですが、なかなか言い出せない人の表情や話の内容であったり、言葉の選びようを感じ取ることが人との関わり方では大切になってきます。それをあえて口に出す必要はないんです。何も言わなくてもさりげない人の行動は相手に伝わるからです。

相手に対しての思いがあれば、思いのこもった行動ができるはず、その行動には言葉はなくても自然と相手に伝わるものです。「目は口程に物を言う」と云いますが、何も言わなくても相手に自分の表情や目線で、どう相手の事を見ているかが分かるからですね。自分の考えがあるように、人にも違う考えを持っているものです。そのときこそ、相手の気持ちになって寄り添う気持ちを養ってください。それが一番相手を思いやる行動に繋がるのですから。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP