自分の行動に責任が持てない心の弱さの理由

善と悪は最初から知っている

善と悪の区別は小さな子供でもわかることです。ではなぜ、犯罪や人を傷つけることが起きるのでしょうか?人は何故、傷つけあうのでしょうか?悪いことだとは知ってても自分の考えにそぐわないと、人を非難したり傷つけるような言葉を投げかけたりと、人はしばしば、どのような行いが良いのか悪いのかを理解しているのに、つい心ない言葉を投げかけてしまうものですよね。この、「自分の考えにそぐわない」考え方を人に押し付けようとする。

それを受け入れない相手を攻撃してしまう。悪いことだとはわかっているにも関わらず、人を傷つけてしまうのです。大人でも子供でもありがちな光景ですよね。人に酷いことを言ってしまったとき。また、過去に言ってしまったとき。どんなことを人に無理強いしようとしたのかをよくよく考えてみると、自分のしてきた行動や考えが明らかになります。これは、自分が人に対する傾向として知っておいたほうが良いのかもしれません。

人は自分の性格を知っているようで理解できていない。というもの。しかしながら、大概は理解できているものだと思います。ただ、嫌な部分は「認めたくないだけ」だから自分の事をよく知らないということでしょうか。自分の言動や行動を見つめる上でも、人と対峙したときの自分の中の「善と悪」を理解しておくべきでしょう。

 

自分優先の考え方と心の弱さ

人はつい、自分の考えを優先してしまいがちですよね。そりゃ、自分優先であればどんなに楽なことか!でもそれじゃぁ、裸の王様になってしまいます。それでは、人との付き合い方もうまくはいきませんね。確かに、自分優先であれば「楽」です。でも、本当にそれでいいんですか?

他の考え方を通さないまたは、通したくない理由としては、「面倒だ」「自分に都合が悪いから」などと、いうのが自分優先の考え方ですよね。それじゃぁ自分以外の相手がいる場合、本当にそれでいいんですか?「嘘をつく」のも自分優先の考え方です。嘘にも色々あるけれど、バレたくない、隠しておきたい、人に避難されたくないから・・・。これは、本当の事を云うことによって、人からどう非難、評価されるのか・・・。

それを考えた時に、嫌な評価は受けたくない、受け入れたくないという「心の弱さ」からくるものです。責められたくない一心で人はつい、嘘をついてしまうものです。嘘をついた時点で自身の「心の弱さ」を知りましょう。痛感しましょう。そんな時、どんな気分ですか?弱い自分に気づいてしまったとき、自分を見つめて自身をどう評価しますか?人は、誰でも強い心を持っているわけではありません。わざと、悪意をもって嘘をつく場合もありますが、大概の人は、自分の「心の弱さ」から嘘をつく人なのではないのでしょうか。

ただ、そんな自分の「心の弱さ」に気づいて欲しいのです。それが気づけない人は相手の心にも気づくことはできませんね。

自身の愚かさを素直に認める

自分の中に「心の弱さ」があったっていいじゃないですか。自身の愚かさを素直に認めることが一番大切なことなんです。人は失敗した自分、何もできない自分を情けないと思いつつも認めたくないものです。自分ってもう少しできるはずじゃぁ・・・と誰でもそう思いたいですものね。全てにおいて、認めないことは心の弱さにいつかは繋がるのだと考えてください。全ては自分を認め、受け入れることから始まるのです。また、人に対しても認めあい、受け入れあうことが大切なことです。

全てのことに繋がるのです。仕事や人間関係、友人との付き合い、親子関係。善と悪、自分優先の考え方は自分本位な考え方に繋がります。また、認めたくないが故の心の弱さにもつながっていきます。よく、芸能人の方々が社会的に非難されるような事をすると、記者会見を開き、バッシングを受けますよね。認めないと尚更、強烈なバッシングが長期に渡り、何度も、バッシングを受ける羽目になってしまいます。

悪いことは悪いと認め、自分の心の弱さを人に見せて認めてもらってもいいじゃないですか。謝っている人に対して人は、それ以上のバッシングをすることはありませんからね。

 

認めない心の弱さに打ち勝ち、認める心の強さを持つ

心の弱さを認めたら、その弱さに打ち勝つ方法があります。それは、「認める」ことです。え?それだけ?って思いますか?これ、意外と認めない人が多いのですよね。認めるってことは、もしかしたら今まで培ってきたものが全て失うこともないとは言えない時もありますよね。そんな時、家族がいたら?経済的に滞ったら?そんなことが頭をよぎるとつい、心の弱さがムクムクとでてきちゃうんです。

それが分かっていても、悪いことは悪いと認めるって意外と勇気がいることでしょう?「認める」って結構、時と場合によっては勇気がいるものなのかもしれません。それでも、認める勇気が自分の人間性や正義、価値観を決めていくものなんです。認める心の強さを持ってください。認めない人に対して世間は認めるまで、非難するのが世の常だと理解してください。悪いことを認め、謝罪している人に対して世間はそれ以上の、バッシングはしませんよ?

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP