生きるということは

生きるということは苦しいこと

毎日が思い通りにいかない。思うようにできない不器用な自分がそこにはいるよ。毎日、しんどい思いをしてる。こんなことをいつまで続ければいいんだろう。ただただ、寂しい、気が付いたら周りに誰も居なくなった。自分には話し相手がいない。

とても辛い、かまってくれなくてもいいのに どうして自分ばかりが かまわれるのか わからない。やめてほしい。 こんなにお願いしてるのに。何故?自分だけがこんなに辛く悲しい思いを背負わなければいけないのか。教えてほしい。いい加減、ここから抜け出したい。早く楽になりたいのに どうして楽にさせてくれないのか。誰か教えてほしい。

もうそろそろ、自分の人生なんだから自分で幕引きしてもいいんじゃないのかな。それはダメなことなのかな?誰のための人生なのか?自分のための人生じゃないの? 人の為になんて生られない。とても苦しいよ。苦しくて もがいても もがいても いつまでたってもそこから抜け出すことはできないのだから。その手を離したら 何処かへ消えてしまいそうで 無くなりそうで とても怖い。恐怖を感じる。

 

そんなに生きるのが苦しいというなら、死ぬことを選んだっていい。だってあなたの人生なんだから。誰に遠慮がいるんだ?いずれはみんな、年を取れば同じ場所へ行くのだから。ただ、少し早く行くだけだよ。あなたの家族や周りは寂しくて、悲しくて 泣き明かす日々を過ごすのかもしれない。だけど、いつかは涙も枯れて、普段を取り戻していくもの。それが「生きる」ということだから。辛くて悲しい、苦しいなら 泣きたい時は飽きるまで泣き尽くせばいいじゃない。そのうち、涙も枯れ果て疲れて眠るだけだから。そうして朝はやってくるものだよ。

朝が訪れるのが怖いって?だったら、窓を閉め切って自分の殻に閉じこもればいい。何度もそうして、飽きるまで納得するまでやればいいさ。いつかきっと、そこだけに居続けることが苦しくなるのだから。泣き続けるのも苦しいものだよね。でも・・・いつまでそのままでいるつもりなの?

「生きる」ってことはあるときに苦しいことなんだ。辛くて悲しくて、楽になりたいと弱音を吐きたくなることもある。それが「生きる」ってこと。何が正しいって自分に、他人に分かるのかな?すべてのことに「答えはない」世界なのかもしれないね。答えは自分の中にあるのだから。今はぼんやりとしたものだけど、生きていれば 生きてこそ 見えてくるものがある。

いつかは、すべての人は「死」に向かう。だから、そんなに焦って急がなくてもいいんじゃないのかな?少しばかり遅らせればいいだけのことだし。生きていれば悲しいときもあるけれど、生きていれば悲しみの向こう側に喜びがあると信じて。苦しくて疲れ果ててくたばっても 必ず喜びはあると信じて その分は最後に取っておくってのもいいんじゃないかな。

後悔の繰り返しがあってもいいじゃない。失敗の繰り返しがあってもいい。それが自分らしいのなら その自分を受け入れてあげよう。受け止めてあげよう。自分を受け止めるのは自分しかいない。自分の正しい道 答えは自分の中にある。誰にも答えは出せないのだから。生きていれば いつか 何もなかったかのように過ごせる日がくる。生きていればこそだから。

一人で生きていくのは辛くて寂しいもの。生きていれば 寄り添う誰かが自分の人生の中にできるかもしれないね。それを信じて今日もまた朝を迎えよう。

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP