沈黙の重みを理解する。黙って寄り添う心を持てば通じ合える

焦りは禁物。沈黙の意味を理解する心を持つ

日々、悩みの相談を受けますがこんな話をひとつ。悩みの相談を受けるのに、その人は何も話そうとはしない。日和的な日常会話は交わすけど、肝心の「悩み」に関しては、一切口に出さない。話し手の悩みを聞きたいところだけど、言わない・言えないのは何かしらの思惑や事情があるからなのでしょう。気にはなるけど、ここはじっと我慢。話し手から話すのをひたすら待つしかないのです。

まだ、話し手の気持ちの整理がつかず、ちゃんと人に伝える「言葉」になっていない場合もあるかもしれません。それだけ、人の悩みは奥深いものなんだと痛感させられる。悩みに軽い、重い、小さい、大きいはないものだと。話し手の何気ない会話の中に、悩みの種が見え隠れする。だからこそ、話し手のさり気ない言葉一つ一つに集中して、こちらも耳を傾けることが重要なのです。相談するにはそれなりの理由があるから。すぐに言えないのもそれなりの事情や理由があるから。人の悩みにすぐ問題を見つけ、解決できることはできない。それが現実。

世間一般のカウンセリングでは、この話し手のパターンからしたらこのアドバイスで良い。「こんなことをしてみたらどうでしょう?」などというのはNG。だって、人ぞれぞれ十人十色という言葉があるように、すべての人には当てはまらないこともあるから。アドバイスを受けてすぐに問題解決できることはないと思っています。言われた瞬間は、背中を押されて「よしっ!」と奮い立たせても人は弱いもの。すぐに自分の心に負けてしまうことも多い。

アドバイスをしたからこの人はもう大丈夫!なんてことはない。本当に?それでいいの?そもそもアドバイスって何?アドバイスして実際に、その通りになるならそんな良いことはない。それなら占いで「あなたはこうなりますよ!」って言われて理想の自分になれるなら、悩みなんてこの世に存在しないはずなのでは?

問題を解決するならアドバイスでも良いと思います。でも、悩みはちょっと違う気もします。自分の力や行動でどうにもならないことが「悩み」のひとつになっている。アドバイスよりもまず、話し手の沈黙を理解し、寄り添うこと。何故、沈黙を貫いているのかを理解すること。初めて話をするのに、すぐに聞き手を信頼してくださいというのは、かなり無理があるものだから。話し手の心の引っ掛かりを、少しでも早く取り除いてあげたい気もするけれど、焦ってしまっては、気持ちを開いてくれないことのほうが多い。

何気ない会話の中に、話し手と聞き手の信頼が少しずつ生まれてくるもの。「あ、この人なら話を聞いてくれるかも」「自分分かってをくれるかも」と思ってくれれば少しずつ、心を開いてくれたらいい。話し手も聞き手も信頼関係を築かせるのはゆっくりとでいい。人となりを知るには、話をすること。それは、どんな話でもいい。人となりを知らなければ、悩みを打ち明けることも理解することも、満足な相談をすることもできないことでしょう。

だから、聞き手は「待つ」んです。「寄り添う」んです。話し手の心を開かせてくれるのを。話し手の気持ちに寄り添うだけでも、心が通じ合えるものだから。私は、ここをとても大切にしているところでもあります。時間をかけて、話し手の気持ちを汲み取ることが大切で、はい!そこでアドバイス!じゃなくて、話し手の悩みの根源を掘り起こし、話し手本人が理解、自覚すること。そこを話し手が見ることをしない限り、悩みを断ち切ることはできない。

聞き手が問題や悩みを解決するのではなく、話し手本人が理解し、悩みの根源を知り、そこからどうやったら断ち切れるのかを一緒に考え、背中を押すんです。話し手一人では、その悩みの根源すら探し当てることができないことの方が、多いから悩み尽きないものなんです。

思い付きのまま書いてしまいましたが、自分一人ではどうにもならないときもあるんです。それが人間というもの。常に強くなくたっていいじゃないですか。たまには、現実逃避したっていいんです。それは、人生の一瞬でしかないのだから。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP