対話の「カタルシス」が相談者の悩みを浄化する

「カタルシス」は心の浄化

言葉の働きとして「カタルシス」というものがあります。心の内を人に話すことで気持ちがすっきりとする。心の浄化作用が起きること。「カタルシス」が起きる時、それは「自分の話を聞いてもらえた」という自己肯定感が起こる充足感からだと云われています。同時に、心の内を明かすことにより溜まっていた悩みや不安などが軽くなり、「あんなに悩んでいたのに」と不思議に思えるくらいに心が軽くなるのが実感できるのです。

でも、この「カタルシス」相談者が自分の心の内や気持ちを話して良かったと思うことが最も重要なんです。相談者の心が浄化されるには、とことん話を聞いてもらうこと。話し手良かったと心の底から思えること。しかし、人は悩みを打ち明ける時、すぐに本音を言わないものです。本当に言いたい、分かってほしいことは最後に話す場合が多いものです。聞き手の様子を潜在的に観察しているのかもしれませんね。聞き手は相談者の話の最中、口を挟んではいけません。挟んで下手にアドバイスしようものなら相談者の伝えたいことが湾曲されるかもしれないからです。

聞き手の価値観や考え方を先に入れてはいけません。入れてしまえば「カタルシス」は起きないのです。最後まで相談者の話を聞かないことには、相談者が何を考えて不安に思っているのか、悩みの根源は?と聞き手は集中して相談者の思いを巡らせます。ときに、アドバイスなど無用なこともあるのです。傾聴とは相談者の心の浄化という重要な作用があるのも事実。傾聴ならただ、聞けばいいじゃないかと思われる人もいるのかもしれません。

傾聴は、ただ聞けばいいというものでもないくらい奥深いものです。相談者の気持ちに寄り添う思いを、持ち合わせていなければ傾聴とは言えないのです。ただ、聞くだけでは人は途中で聞くのをやめてしまいがちです。だって、つまらないから、疲れるから。ひたすら人の話を聞くのは神経も使いますし、疲れるものです。そこに思いがないとしびれを切らして、自分の価値観や話をしかねません。

本気で相談者の思いと向かい合う気持ちがなければならないのです。それと、同時に相談者の心を浄化する「カタルシス」も合わせて意識することも大切になるのです。カウンセラーでなくても相談者に寄り添うことはできます。そこに、相手を想う気持ちがあれば相談する人は「カタルシス」を感じることができるでしょう。ただ、傾聴するだけの聞き手と真剣に受け止めてくれる傾聴。どちらが相談者の心に充足感を得られるかは相談者が心に感じるものだと考えます。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP