仕事でストレスが溜まる人の特徴と原因とは

新しし便利なものが増える中で、仕事も新しく増えていくことも多くなり、覚えることも仕事内容も様変わりしてこなしていくには、大変な世の中となりましたね。人間関係はもちろんのこと、仕事についてもストレスが溜まる一方で、体調不良を起こし思うように日々を送れない人も多いのではないでしょうか。自分でも気づかないうちにストレスを溜めこんで体が思うように動かなかったり、精神的にも疲弊し体まで壊しかねません。

この、「気づかない」ことがストレスを抱え込む誘因となっているのです。少しでもストレスを溜めないような対策や自分自身を理解することで防げる、回避することもできますので今一度、考えてみるのも良いのかもしれません。

ストレスが溜まる人の特長

ストレスが溜まらない人なんていないんです。しかし、限界を超えて溜めすぎてしまうと身体を壊しかねませんよね。ストレスが溜まる人の特長というものがあります。誰でもストレスは起こりうるものですが、少しでも理解することが防ぐことであったりもしますので、今一度立ち止まって考えてみるのも良いでしょう。

神経質で神経過敏な人

誰でも神経質なところはあります。こだわりをもっているときは、尚更ですよね。でも、その度が過ぎてしまうとそれもストレスを誘発する原因になってしまいます。手が汚れるのを気にする人は多いですよね。でも、気にするあまりにちょっと何かに触れる度に洗ってしまい、いつの間にか手の皮膚が剥がれてしまうまで洗ってしまう。何かに触れるだけで汚れていると思い込んで異常なくらいに洗ってしまう行為。

これが、ストレスなんです。汚れてしまうことに嫌悪感を感じることや洗う行為は既にストレスを感じている証拠です。どんなことでも些細なことでもストレスは起きてしまうもの。あまりにも神経過敏にならないことが大切なんですね。自分のとっている行動を今一度、見直してみるのも誘発しかけているストレスを回避する意味でも大切なんです。

完璧主義な人

失敗を恐れるあまりにミスをしない人。何でも完璧に仕上げてしまいたくなる人ですね。確かにミスをしないのは立派なことだと思います。ある意味、仕事をする上で重要なことなのかもしれません。手を抜くのではなく、少しリラックスして誰にだって間違いはあるけれど求め過ぎない心の余裕を持つことも必要ですね。仕事を完璧にこなすには当然、時間もかかることと思います。時間がかかるということは、仕事時間も増えるということです。まずは、全てをやり切るのではなく優先順位を決めましょう。

翌日にできるものは翌日にまわすなど、余裕をもつことがストレスを溜めないようにするうえでも大切なことですからね。

責任感が強すぎる人

責任感が強い人は誰からも頼れる人という頼もしい評価になりますね。「この人に頼めば仕事をこなしてくれる」その人にとってこの評価は良いのですが、それを継続するのは大変なことですね。時には、疲れて思うように仕事をこなせないこともあるかと思います。ストレスを溜めこまないように断っても良い仕事は断りましょう。例えば、その人が1日休んでも仕事は廻っていくものです。自分だけ、が全てをやり切る必要はないのだから。

自分の気持ちを口に出せない人

周りの目を気にするがあまりに、自分の気持ちを口に出せず押し殺してしまい、結果的にストレスを溜めこんでしまうこと、よくありますよね。実際は、無理だと感じているのに押し付けられてしまい、結局言えないことで仕事時間が増えるなど、労働時間が増えると体調も崩れてきます。言えない事で精神的なストレスも同時に溜めこんでしまいます。これでは、仕事をこなすには難しいと云えますよね。人は心身ともに健康でなければ健全に働くことができないものです。

仕事を断るのは難しいこともあります。ですが、体調を崩して仕事に出られないのでは本末転倒だと思いませんか?そうなる前に自分の気持ちを上司や同僚に話してみるのも良いでしょう。少しずつでも自分の気持ちを知ってもらうことはとても大切なことです。

過度なストレスがかかると人はどうなるのか

体調不良を起こします

過度なストレスがかかると人は体調不良を起こします。仕事をこなす自信がなくなり、能力不足を痛感します。痛感することで、自信もなくなりモチベーションが上がらず、集中力が途切れがちに。精神的なものから眠れなかったり、人は寝不足だと食欲不振に陥り、必要な栄養が取れず体調も崩れていく。精神的なダメージを受けると人は体調も崩してしまうものです。そうならないためにも、休日くらいは仕事から離れることが重要な鍵となります。

睡眠を十分にとらなければなりません。睡眠不足だと思うような思考や行動も起こせません。そして体調不良にも繋がるからです。こんな当たり前のことでも、ストレスがかかるといつも思い悩んでしまうので、この状態が不健康だとは思わないのです。もし、悩みの種が自分で自覚しているならそこから離れてみるのも良いことだと考えます。悩みから解放されれば気持ちも軽くなり、ストレスも少しは和らぐのではないでしょうか。

ミスを連発します

仕事でミスはゆるされないもの。でも、取り返しのつかないことばかりではないはずです。いつかどこかで挽回できるチャンスもあるはずですよね。でも、ストレスがかかりすぎるとミスをしたことで、余計に精神的なストレスがのしかかります。いつも悩みが頭から離れないせいで、集中力が途切れ気が付いたらミスを繰り返していたということもありますよね。何でもやりすぎはミスを誘発してしまうことに繋がります。

少しでもミスを連発しないためにも、集中できるくらいの仕事の量が重要ですね。仕事ができる範囲には限界があります。誰もが完璧ではないのです。ミスをしないためにも自分の能力を見極め、余裕をもつことも大切なことですね。

適度な余裕を持つことも必要

労働時間を見直してみる

今までの労働時間を見直してみましょう。人には必ず限界があります。自分だけは大丈夫!などと過信してはいけません。かならず限界はやってくるものです。体や精神が悲鳴を上げないためにも労働時間を見直しましょう。働き過ぎていると全てにおいて余裕も無くなり、人の話を聞く余裕も無くなります。そうならないためにも、労働時間を見直すべきです。
休息時間は自分の好きなことに

人は1日の内に数時間は眠らないといけないものです。寝ないと人はどうなるのか?幻聴を聞いたりありもしない幻覚を見たりします。ここまでくると、肉体的にも精神的にも過度なストレスがかかっている証拠です。少し疲れた、辛いと感じた時、せめて休日くらいは体と頭を休ませてあげましょう。そして、休日は自分の好きなことをするのです。自宅でのんびり読書をしたり、音楽を聴いたり・・・それとも外でアクティブに趣味に興じるのも良いでしょう。

ストレスを発散する意味でも自分の好きなことをするのが一番です。好きなことは夢中になれますからね。仕事頭から切り替えて趣味の頭に切り替えてみてはいかがでしょうか。離れることが大切と考え、リラックスした気持ちを持って休息する余裕をもちましょう。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP