仕事の悩み相談

仕事の悩みで一番多いのは人間関係

仕事をする中で多くの人は、人間関係で悩んでいる人が多い世の中です。人間関係と一口に云っても様々な理由や形があるものです。人間関係がうまくいかない、関係が拗れる、上司や部下と揉めるなど、うまくいかない人間関係で色々と悩んでいるうちにどう話せばいいのか?どう行動すればいいのか?すら考え過ぎるあまりに判らなくなりずっと、悩みのスパイラルから抜け出せないことも多いはずですよね。では、具体的に仕事の悩み、人間関係とはどういうものなのでしょうか。

  • 上司とうまくやっていけない
  • 同僚に嫌われている
  • 適正な評価がなされていないと感じる
  • 職場環境が自分に合わない、ついていけない
  • 職務内容が自分の理想とはほど遠い
  • 仕事を辞めたい、やる気がでない

 

人間関係がうまくいかなくて、精神的ストレスを抱え込む人が増えているのも事実です。また、うまくいかないことで仕事に集中できなかったり、仕事でミスをしてしまうことで取引先や上司に怒られてしまうなど。人間関係がうまくいかないことで仕事に影響してしまうことが多くあるのです。また、働きにくい環境であったり、上司からのパワハラを受けたり、取引先でのいじめなどが原因でストレスを抱え込むこともありますね。

「悩み」と「問題」の違いで自身の考え方を理解することが大切

「悩み」と「問題」は似ているようで全く違う意味のものです。漠然と理解できても、自分自身に置き換えると理解できていない人が多いのも現実ですね。まず、「悩み」とは自分自身の努力ではどうにもできない状況を指す場合もあります。反対に「問題」とは、自分でどうにかできるものを問題というものもあります。

人は、自身が思い描く理想と現実のギャップに思い悩むものです。では、どんなギャップがあるのでしょうか。ギャップには2つ存在するといわれています。「理想の自分像とのギャップ」と「理想の相手像とのギャップ」です。

「理想の相手像とのギャップ」には、相手がいるものなので人間関係の悩みと捉えることができますね。また、「理想の自分像とのギャップ」は2つに分けることができ、理想の評価を得られていない場合は、自分以外に上司や会社があるので人間関係の悩みと云えるでしょう。

もうひとつは、理想の自分に辿り着けていない場合は、「劣等感」という表現の仕方もありますが、これは決して悪いことではないのです。

何故ならば、辿り着けていないなら明確な目標を、道筋を立てて進んで一つずつクリアしていければ達成できるもの。それは、悩みではなく「問題」ということになりますね。

自分の足で進まない限り、成長はないのです。これは、「悩み」ではなく「問題」と云えることでしょう。どうですか?なかなか前へ進めない状況で、悩んでいるというのは自身の「問題」を「悩み」に置き換えて前へ進めない自分を理解していないことになるのです。

どうすれば今の「負のスパイラル」から抜け出せるかは、自分次第なのかもしれません。

「悩み」を解消する方法はあるの?

正直、すぐに解決するのは難しいことです。だからこそ、人は悩むもの。でも、「悩み」が解消されるのであれば、こんなに良いことはありませんよね?すべての人の対人関係は全て同じではありません。

それこそ、千差万別なものです。自分と相手が同じ解消法とは限らないからです。何故なら、育った環境が違えば考え方も違ってくるし、人が受け継ぐ性格も変わってくるからです。

だけど、ひとつだけ「悩み」を解消する方法があるとするならそれは、「興味」「好きになる」ことです。いきなり、嫌いな上司を好きになれ!というのは無理難題なことですが、興味を持つことはできるかもしれないですよね?

「好き」と「興味」は別物なので、好きにならないと興味を持つことができない!なんてことはないからです。人の悩みによって、解消する方法は様々なのかもしれませんが、あなたの行動や考え方から、どんなことで悩んでいるのかをとことんお聞きしたうえで、cococaraはあなたにとっての悩みの解消法のキッカケとなればと考えています。

どうにもならないと感じたら是非、ご相談してください。

誰かに相談する勇気を持つ

悩みを一人で抱え込んで悩んでいる人は多くいます。しかし、その悩みを誰かに打ち明けたいけど、うまく話せなかったり身近な人には知られたくなかったりと、思うような解決には至らず結局、自分の中で溜めこんでしまう悪循環にもなりかねません。一人で抱え込んで、眠れないくらいに精神的に疲弊してしまったり日々のモチベーションがあがらないために、仕事に集中できなかったりと、ストレスを抱え込む状況は変わらないものです。

このような状況は、一人で悩みを抱え込んでいるからこそ、悩みはなくならないものだと理解することが重要になりますね。

悩みは人に相談するのが良いとcococaraは考えます。自分以外の人に相談することによって、様々な意見や考え方を知ることができるし、「声に出す」という行為だけでも悩みが軽減されるものなのです。

自分の中で解決できるのであれば良いのですが、自分の中でいつまでも堂々巡りをしているな・・・と感じたなら、相談してみてはいかがでしょうか?

cococaraは話をお聞きする話し相手、傾聴サービスを基本としています。どうしたらいいのか分からず悩んでいる人は、ご連絡ください。「こころのホットライン」はあなたのための相談窓口です。

転職を考えるのもひとつの選択肢

色々と悩み続け、相談もしてきたけど、どうしても解決や解消に至らない場合があります。人間関係が絡んでいるので全て解決するには難しいことですね。どうにもならない場合は、転職を考えるのも、ひとつの選択肢と捉えてください。転職は安易では?と思わないでほしいのです。何故なら、体を壊してでもその場所で、働く必要があるのでしょうか?一番大切なのは、自分自身です。会社はあなた一人が抜けてもきちんと回るものですよね。

人はストレスを抱え込み過ぎると、体に異常が出てきてしまうものです。体を壊してしまっては、働くことさえできなくなります。それでは、仕事をする意味やその職場にいる意味が無くなってしまいますね。退職し、新たな仕事を探すのも大変なことですが、体を壊したらもっと大変なことに繋がります。

仕事でのストレスを感じ、対策や相談をしてもどうにもならない場合は、その職場から離れることをおススメします。離れることで何が原因だったのかを、冷静に見つめることができます。その場にいたなら気づけなかったことでも離れてみると、自分自身もダメな部分があったのかな・・と振り返ることで、次の仕事へ生かすステップアップにもなるのではないでしょうか。

仕事のストレスを解消する方法

仕事でのストレスを解消する方法は、ストレスの「元」となることから離れることです。転職が一番早く離れることができますが、人によってはそうできない事情もありますよね。そういった場合は、「気分転換」するのです。前述では、「好きになる」「興味を持つ」と書きましたが、そうできないこともあります。転職も好きになることもできないときは「気分転換」をするのです。勤めている多くの方は、この方法を実践している人が多いのではないでしょうか。気分転換とは、気持ちがストレスの「元」となることから離れることです。

では、離れるとはどうすれば良いのでしょうか。それは、自分の好きな事をする。行きたい場所へ行くなど。趣味があれば夢中になれることをすることです。人は夢中になると、悩みの種は頭の中の隅っこの方へ無意識に追いやります。夢中に楽しくなれれば人は少しストレスから解放されるのです。また、特に趣味が無くても旅行に出かけるのも良いでしょう。友人と知らない土地に行き、美味しい食べ物を食べて景色に感動すると非日常の週末を送るだけでも良いのです。

気持ちもリフレッシュされ、仕事に打ち込む勇気が湧いてくるのもしれません。日々の仕事に追われ、そんな余裕がないと思ってしまっている人は少し考え方を違う方向へ向けてください。気持ちを逸らすだけでもストレスから解放されることもあるのです。どこかへ旅行しなくても、思いっきり笑うことや気心知れた友人たちと、おしゃべりをするだけでも良いのです。多くの人は、ストレスから自分を解放するときは、旅行や趣味に時間を費やしているものです。気分転換は軽いイメージの言葉に聞こえますが、ストレスを抱えている人にとっては、とても重要な行動のひとつなんです。

自分自身を守る意味でも、悩みの「元」から離れて気持ちを解放させてあげてください。今の現状を冷静に判断するうえでも、離れることは有効的な行動になるのです。辛い、疲れた・・・と感じたなら悩みの元から離れる術を身につけましょう。

 

こころのほっとラインはこちら

こころのほっとライン予約はこちら

 

私たちがお話しをお聞きします

女性心理カウンセラー さくら

 

 

女性心理カウンセラー はるみ

 

無料LINE予約カレンダー

2019年11月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2019年10月

最近の記事

PAGE TOP