寂しいから話を聞いて欲しい

本音で話せない

人との付き合い方には、それぞれ違いがありますよね。この人とは割合親しいけど、本音で相談できない、相談しにくい、理解してくれる相手じゃない。ただの、楽しいおしゃべりをする友人は周りにいるけれど、本音で話ができる相手がいない人は少なくありません。どこまで本音で話したらいいのかさえも分からない・・・世知がない世の中ともいわれています。

理解し合える相手が近くにいるけど、本音で話したら嫌われやしないか・・・と躊躇するときもありますよね。近くにいるからこそ、ときには本音で話せないこともあるんです。一概に本音で話せない関係はダメというものではありません。「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように、自身の嫌な部分や考えを全て見せなくても良いという考えです。

全ての感情を思いのまま、相手の気持ちを考えずに言ってしまったら、あまりにも身勝手な結果になってしまいますよね。いくら親しくても言わなくてもいいことは、言わなくても良いのです。人と良い付き合いをしていくためには、自分の気持ちが大切なように、相手の気持ちも配慮する心が大切と云えますね。

話し相手が欲しい

あなたの近くに話し相手がいますか?寂しいとき、つまらないとき、不安なとき、悩みの相談じゃなくても、話す相手がいますか?いるようでいない・・・。そんな人も多いのではないでしょうか。普段の忙しさから話し相手になってくれる人が、近くにいないときもありますよね。そんなときに、ただ話し相手をしてくれる人が近くにいたら・・・。って思いませんか?

人と話すことはただの時間潰しではなく、自身の気持ちを落ち着かせたり、あるときには癒やしになったりするものです。普通の日常の会話だけでも人と話することで、心が元気になることもあります。「声に出す」という行動は実は、とても大切なことなんです。人は誰とも話をしないと、余計なことを考えたり、不安が押し寄せてきて、心の健康を保つことができなくなります。

これは、大げさなことではありません。自分の感情や考え、何気に思っていることを外に発信することは、自身の存在意義を理解するうえでもとても重要なことなんです。話し相手が近くにいないときは、傾聴サービスを利用するのも手だと考えます。顔が見えないからこそ、何でも気軽に話せることもありますからね。

理想の話し相手の見つけ方

 

 

最近の世の中の風潮は、「寂しい」=「一人」ではない世の中になってきています。周りに家族や友人がいても寂しいと感じる人が多いものです。話す相手が周りにいるのに何故、寂しいと感じるのでしょうか?それは、「心を開ける相手がいるかどうか」が鍵となってきます。誰でもいいから話し相手が欲しい人はあまりいませんよね。ある程度、常識を心得ている人。話が分かる人、聞き上手な人、引き出しの多い人。など理想をあげればきりがないくらいですね。

自分の話をとことん聞いてくれるような人を見つけるのはなかなか難しいとです。はじめは、聞いてくれてもそのうちに、何度も話していると相手もだんだんと嫌になってきてしまうものです。自分の話ばかりで相手の話を聞こうとしないのはいつか、その関係性や信頼性もうしなっていくことになるでしょう。では、理想の話し相手の見つけ方はどうすればできるのでしょうか。

理想の話し相手を見つける方法

どんな話をしたいのかを考える

自分が相手とどんな話をしたいのか?相手に求める会話とは?を考えてみてはどうでしょうか。趣味の話や、悩みの相談でも良いでしょう。日常の出来事や仕事、上司や同僚の話など。思いついただけ紙に書いてみてください。そうすることで、自分が相手にどんなことを望んでいるのか?が明確に分かってくるようになりますね。ですが、たくさんありすぎてどこから話せばいいのか・・・と思うようなら、話をしたい内容を3つだけ選んでみてください。よく考えて自分にとってこの話をしたいと思えるような内容だけに絞ることをしてみてください。

話し相手の性格は?

これは、理想の話し相手を探す上でも重要と云えますね。まずは、常識のある人。人と会話をするうえで当たり前のことではありますが、大概の人は、「自分は常識人だ」と自覚している人も多いはずです。しかし、中にはそうでない人もいるので見極めが大切となってきますね。あとは、すぐに感情的になってしまう人。言われたことに怒りを覚えて相手を攻撃してしまったり、自分の意見を相手に押し付けてしまうなど、相手の気持ちを考えずに話をしてしまうのも考えものですよね。強い性格の人を嫌う人もいます。すぐに流されてしまう人もいるので大人しい、優しい感じの人、無理強いしないような人など。自分に合った性格の人を選ぶと良いでしょう。

コミュニティを見つけてみる

趣味や自分に合うコミュニティを見つけてみることです。そこには、自分の共通の趣味を持つ人がいて、好きな事を互いに話すことができるれば、孤独感を感じることはありません。中には、共通の趣味の話ができても理解し合えない人もいますから、色々な人と話すことが大切ですね。人は寂しいと孤独感を感じると、だんだんと不安になり悩みも増えていき寂しさから鬱になることもあります。だから「寂しい」を軽んじてはいけません。

自分の近くにコミュニティがない時や大勢の人と話すのが苦手な人は、傾聴サービスを利用するのも良いでしょう。相手は「話を聞くプロ」ですから、自分の話をとことん聞いてくれます。お金はかかりますが、大切なのは人と話すこと「声に出すこと」が大切なんです。どんな話でもいいから声に出して人と話しをすることが「寂しさ」を解放するのです。また、第三者からの何気ない問いかけから新しい視点をくれることもあるので、声に出して話をすることはとても大切なことですね。

 

 

 

こころのほっとラインはこちら

こころのほっとライン予約はこちら

私たちがお話しをお聞きします

女性心理カウンセラー さくら

 

 

女性心理カウンセラー はるみ

 

悩み事新着記事

人と自分の考え方の違いを知り、人に寄り添う気持ちをもつ
あなたはストレスフリーな人生を選択していますか?
「来週、兄を捨てます」苦渋の決断の行く末にあるものは
人の価値に差別があるのは何故なのか?
自分の思い通りに人を変えようと思いますか?
あなたは人からの批判を受け入れますか?自分で考え自分で決めることができますか?
間違った自分を好きになれ 自分の決断に自信をもて
苦しみは自分の内面から生まれるものと理解しよう
あなたにとっての価値と尊厳とは?
あなたは自分が好きですか?人のことが気になりますか?
他人からどう評価されようと気にせず不平・不満を言わない
あなたのための時間は自分のしたいことをしよう
失敗から気づく挑戦とは?その一歩を踏み出す勇気
自分の間違いは堂々と認め自分を許す気持ちを持つ
あいまいな言葉で無意識に働きかける心理
新しい視点で課題を乗り越えるディズニー戦略とは
視線で読み解く相手の考え方と心理
親近感をつくりだしより良い人間関係を築く方法
自分の心の中の葛藤を解消する方法
心の中の思い込みをなくす方法 心が楽になる3つのステップ
やめたいのにやめられないクセや行動を上手に克服するコツ
新入社員と上手な職場コミュニケーションの取り方とは

 

 

 

PAGE TOP