気になる記事

気になる読みもの

  1. HOME
  2. 最新記事
  3. 「今」を生きることは「未来」を生きること

「今」を生きることは「未来」を生きること

もの心つく頃から人の人生は「選択」の連続です。どんな時でもどちらかを選択しなければならない場面に出くわすものです。すぐに決断できるような事柄であれば後悔もしないでしょうけど、それでも選択に悩むこともあります。誰かに相談をしても自分の求めるような解決には至らないこともあるかと思います。

そして、一人で抱え込んで思い悩んでしまう。どんな決断や選択をしたとしても「後悔」しないことはあまりないのかもしれません。人は欲張りなもので「あぁやっぱり、あっちの方が良かったかも」と隣の芝は青く見えるものなんです。人は兎角、「失敗」はしたくないもの。

人は過去の失敗から学び、同じ過ちを犯すことはしたくないと頑なに心の中に持ち合わせているせいか、いつしか挑戦することもしなくなっている人もいますね。でも、考えてみてください。後悔しない人生なんてあり得ません。どんな選択や決断をしたとしても、その時の決断は自分にとって最良のものなんです。そう思わないと自分が可哀想じゃない?

後悔や失敗を恐れるのではなく、考え方を切り替えてみたらどうでしょうか。過去は変えられないけれど、「今」のこの決断が「未来」に続くものだとしたら?そう考えたら挑戦してみたくなりませんか。今は実感できないことでも挑み続けている時は失敗ではありませんね。だって、まだ結果が出ていないのですからね。

「今」を大切にしている人は「未来」もより良いものとなるのでしょう。それには、どうすればいいか?ですよね。それは、「先を見越して行動すること」「明確な人生設計をつくること」です。何をするにも何かしらの行動はつきものですよね。自分にとって良い行動や選択をすることで自分の「未来」に繋がる。すぐに実感ができなくても、いずれ心地よく感じられるのであればそれは、自分にとって良い選択をしたのだと思います。

もし、仕事や転職で悩んでいるなら今、どうしたら?どうすれば?ベストな未来につながるのだろうと考えてみてください。「今」を考えるのは「未来」に繋がることですからね。「自分がどう生きたいのか」「どうなりたいのか」を考えてください。自ずと答えは出るかもしれませんね。

そして、自分が「アツくなれる」ことを探してみてください。人に遠慮してる暇はありません。だって、あなたの人生なのだから。自分の「人生の選択」は自分だけに与えられた特権なんですよ?

「過去」と「今」を切り離して考えてください。人生の岐路に立たされた時、思う存分悩んでください。客観的に見てもらうために、誰かに悩みを打ち明け相談してみるのも良いでしょう。悩む時は、自分が成長できるチャンスだと捉えてみると良いのかもしれませんね。

そんな私も、過去には散々悩んだ経験があります。でも、その時の決断や選択で今があるのです。間違いだったとは考えていません。まだ結果は出ていないと踏ん張っています。(笑)何度も、決断や選択をしてくると免疫みたいなのができてきて、どちらの選択がベストか?が自然と身につくようになるんです。不思議ですよね。経験なのかしら??

まぁ自分のことはさておいて・・・ベストな「今」を生きることはベストな「未来」に繋げるのだということでっす!

以上!

関連最新記事