女性の働き方と自分らしい生き方

自分の選択肢は
自由であっていい。

多様化するライフステージを模索する

今までの社会の考え方は、結婚したら女性は退職し、出産、育児、家事などを専業の仕事と捉え、家庭を支えていくという考えがありました。その考えが残りつつも結婚、出産しても女性が社会に出て働くという考え方も多くなってきています。女性には、男性と違い様々なライフステージがあります。その中でも出産、育児はとても大きなステージになりますね。

大きなステージを経験した後は、自身のキャリアを継続する為働く女性も多いのです。多様化する女性のライフステージ。女性だけに限らず、男性にも多くのライフステージがあり、夫婦であればお互いの話し合いそれぞれのライフステージを模索する時代になってきています。家族を持たない女性の働き方も変わってきています。多様化する時代の中でいかに、自分らしい生き方を選択する、自分の為のライフステージを模索してみてはいかがでしょう。「女性はこうするべき」とか「みんなそうだから」という概念を持つのはあまりにも視野が狭すぎるのかもしれません。自分の様々な成長のためにもこれから先のライフステージを考えるのは、これからの自分がいかに輝けるステージを作るかにかかってくるのです。

自分の進むべき方向を見つける

女性は男性と違い、協調性を重視する傾向にあると言われています。それだけ職場の人間関係で悩む女性は多く、上司や部下、同僚との人間関係に疲れ鬱状態に陥ることも多いとされています。本当は自分に向いていない仕事なのだろうか、職場が合わないなどの悩みを抱え、どうにもならない状況の中で自分の進むべき方向を見失う人も多いのではないでしょうか。

そんな時は一度、立ち止まってみるのも良いでしょう。立ち止まったからといって、必ずしもマイナスの時間ではありません。長い人生の中の一瞬に立ち止まったとしても大きな問題にもなりません。

逆に新しい何かに踏み出すチャンスなのかもしれないと、前向きに捉えることができれば将来の明るい未来に繋がるだろうし、キャリアも含め飛躍のチャンスなのかもしれません。

年代によって、結婚や出産、育児と女性の働き方も様変わりしますが、夫婦間でお互いの納得のいくような話し合いが必要と考えてください。女性も男性も家族や夫婦ではあるけれどそれぞれの人生も持ち合わせているものです。お互いの進むべき方向性を話し合うことはいかに「自分らしく生きるか」にも関わってくるのです。

選択できることは自由であること

女性のライフステージが多様化する中で、どう女性が自分らしく生きるかを考えていくと、選択する自由があります。あまりにも選択が多い世の中ですが、それだけチャンスの幅も広がるということにも繋がっていくのです。本当に自分らしくいられるということを念頭に置き、自分のできること、挑戦できることを考えていくと自ずと見えてくるのかもしれませんね。

選択するのに迷い悩んだ時は、自分の外側に目を向けがちですが、それは狭い視野で物事を見つめることにもなります。自分らしく生きるということは自分の内側に目を向けることです。

内側に目を向けることで、何をしたいのかに気づくこともできます。内側を見つめることによって、本当に自分が求めていることに気づきこれからの自分らしい生き方にも繋がっていきますね。

最初は、思うように見つけられないのが現状です。ですが、一度立ち止まって自分らしさとは何なのかをよくよく考えてみることで先の自分らしさを見つけることができるのです。

答えは自分の中にある

答えは全て自分の中にあります。自分に自問自答を繰り返しながら、それを見つけられれば悩むことなんてありませんよね。でも、多くの人は自分に自問自答してもなかなか良い答えが見つからないものです。何故、自分のことなのに見つけられないのでしょうか。

世間を見るあまりに自分の内側に気づけないことが原因なのかもしれません。ほとんどの人は、答えは自分の中に持っています。それが引き出せないなら信頼のおける人に相談するのも良いでしょう。

知られたくない人はカウンセリングに相談してみるのも良いでしょう。今まで気づけなかった自分の内側にコンタクトしてみるのもいいのかもしれませんね。

また、自分の目標に気づくタイミングとしては、「悩んだ時」です。その時が変われる時だと捉えてみてください。悩むということは、今の現状に満足していないか、もう少しステップアップしたいという自分がいるということなのです。

カウンセリングなどで人に相談するときは、オープンに相談すると良いでしょう。さりげなく言った自分の考えに気づくこともありますからね。